着物を選ぶ

着物に袖を通すと何かが違う?おしゃれに着こなしてお呼ばれにいくことや伝統を守り式に列席するなど…カジュアルとフォーマルに分けてお楽しみください

カジュアルな着物

小紋

全体に柄があり、小さな紋様(小紋)が型染めされていることからその名があります。
基本的にはおしゃれ着として、デート、ショッピング、観劇、お稽古事や軽いパーティーなど、正式礼装を着る必要のないシーンでおしゃれをしたい時にちょうど良いお着物です。但し、柄によってはフォーマルな場所にも着用できる格調の高い物もあります。

紬

紬とは糸の段階で様々な色に染められ、染め上がった糸を組み合わせて織り上げた着物のことです。
昔は日常着として使っていたため、その土地その土地の風土に合った特産品としての紬が全国にあり、“国の数だけある着物”と言われます。生地は丈夫で着やすく、ジーンズのように気軽に着ていただけるおしゃれな街着です。古くなった紬は洗い、仕立て直しをすると新品同様になることから、「リユース(再利用)」な環境にやさしいお着物としても注目されています。

木綿の着物

素朴で温もりのあるやさしい風合いが魅力のカジュアルなお着物です。通常は単衣で仕立てるのですが、6月や9月に着なければならないといった堅苦しいルールに縛られず気楽に着られることや、普段着ですので、お手入れが簡単で比較的安価で手に入れることができる “ユーザーフレンドリー” なお着物です。

浴衣

夏のおしゃれの定番とも言える浴衣は、古典的な藍染めの柄からカラフルでモダンな柄まで様々な物があります。
近年は素材も綿だけでなく、ポリエステルや着心地を追求した“新素材”など多様性に富んでいます。
花火大会や盆踊りなどの夏のイベントはもとより、レストランやテーマパーク、スポーツの試合など夏に浴衣を着用して入場すると特典が有るケースも多く、都市部の夏の外出着として定着しています。民族衣装としてお土産等で外国人にも人気があり、そしてもちろん日本人にも愛され続ける伝統文化の一つです。

フォーマルな着物

黒留袖

黒留袖は、染め抜きの日向紋5つ、江戸褄模様、総比翼がついたものが一般的で、用途は祝賀用となります。 身内の結婚式や仲人の席など、立場の重い列席者となる場合、着用します。
合わせる帯ですが、昔は黒留袖には丸帯が一般的でしたが、生地が厚く締めにくいため、現代では袋帯が一般的です。
留袖を着るときは祝いの席ですので、それにふさわしく、最高級の帯を合わせましょう。 金や銀などの箔を用いた格調高いものを、二重太鼓で締めます。しっとりとした泥金の袋帯は高級感があり、錦織りや唐織など格調高い古典柄を織り上げた袋帯も上品にまとめ上げてくれます。

訪問着

訪問着とは既婚・未婚を問わずに使用できる準礼装の着物です。
明治時代に洋服の「ビジティング・ドレス」に当たる着物として考え出されたため、意外に歴史は浅い。絵羽模様は着た時に柄が一枚の絵のようになっており、総柄で非常に豪華な着物で格の高い着物に用いられる。
用途は結婚式(親族以外の場合)、結納、お茶、パーティー、入学式、卒業式など基本的に式事などに使用できるので訪問着の着用範囲は広く、とりあえず一枚持っておくと便利な着物です。