着物を選ぶ

着物に袖を通すと何かが違う?おしゃれに着こなしてお呼ばれにいくことや伝統を守り式に列席するなど…カジュアルとフォーマルに分けてお楽しみください

カジュアルな着物

小紋

大紋に対して小紋という言葉があるのですが、今では柄に染めた型染すべて小紋と呼ぶようになりました。もともとは江戸小紋のことで、一色染めの渋いものです。
現在では大・中・小に関係なく、型染・手描き・着尺地をいいます。
おしゃれ着としてデートやショッピングなどといった軽いお出かけの時に着ることができる着物になり、柄によってはフォーマルなシーンで着ることもできます。

紬

紬は繭から真綿を採り、真綿を手で紡いで糸をより出し糸を染めて織りあげたものです。
紬はもともと農家の人たちが自分のきものとして全国各地でつくられたもので、お洒落着、街着、くつろぎ着としてきもの通に好まれました。
丈夫な記事で着やすいのが特徴で比較的カジュアルな街着です。

木綿の着物

木綿のきものには染めの浴衣などもありますが、ふだん着に用いるのは、絣や縞の織りのきものです。
絣は藍染めの久留米絣に代表されます。古くから家庭着や農村の労働着として愛用されてきたものですが、現代でも、素朴な味わいの絣柄は家庭着として人気のあるものです。
水を通すごとに深まり、落ち着いてくる藍の色に赤や黄の明るい色の半幅帯を合わせると、若い人の気軽な着物にぴったりです。

浴衣

浴衣はもともと“湯帷子”の略で、湯上りの後に汗取りに着た着物です。室町時代には、“身拭”とも言われました。江戸時代になって、木綿が庶民の間にゆきわたり、その実用性が生活の中で大いに取り上げられて庶民の衣服に欠かせないものになったのです。
現代では夏に着る定番のおしゃれ着として毎年多くの方が着用しており、素材も綿だけでなくポリエステルや着心地がよりよくなった新素材のものなど、多様性があります。外国人からもお土産などで人気で日本人だけでなく外国人からも人気の着物です。

フォーマルな着物

黒留袖

黒留袖はミセスの第一礼装です。一般的には染め抜き五つ紋付き黒地に江戸褄模様、総比翼がついています。着用シーンは主に結婚式でかつ立場が重い時が多いです。 合わせる帯は袋帯が一般的です。
留袖を着る時も結婚式などの祝いの席で着るのがメインになり、帯は金や銀などの泊を使っている格調高いものを二重太鼓で締めます。

訪問着

正装の中でも社交的なもので、パーティーや観劇用のものです。胸、肩、裾など模様の来るところを決めて染め上げるもので、模様が絵羽(模様が縫い目で切れないでつづく)になっている華やかなきもので、紋を1つつけると、準礼装のきものになります。また、生地が紬などで、お洒落用に着るものもあります。
着用シーンとしては親族以外の場合で出る時の結婚式や結納、お茶、入学・卒業式などの式事やパーティーといった式事に使用できるので着用シーンが多岐にわたって便利なので一枚持っていたら便利です。