やしまを知る4つのポイント

私たちやしまグループは、広島、島根、鳥取、山口、岡山に25店舗を構える、呉服と写真スタジオの専門店です。

※下記のタイトルをクリックしていただくとそれぞれのポイントをご覧いただけます。

創業の歴史

創業の歴史

大切つなぎたい 創業の「心」

やしまは1985年創業者である中須賀陽三(現会長)が34歳のとき、三原で創業しました。
資本金1000万円、わずかな貯金と退職金と借入で40坪の展示会場兼事務所を構えました。8月にオープンし最初は売れなくて赤字の連続で資金繰りに追われる日々でした。
それでも来てくださったお客様に感謝の手紙を書いたり、「きものの文化」「日本の心」を伝えるのが私たちの使命とコツコツとお客様を育ててきました。そのうち未熟な私たちを応援してくださるお取引先の方、お客様、そして社員が少しずつ育ってきました。
そして創業5年には何のために商売をするのかという社是や経営理念ができました。これがやしまの礎となっています。
人生のように会社もいろんな荒波が訪れます。
30年の積み重ねの中で、ピンチの時もチャンスの時も忘れてはならないのが創業時の感謝の心です。

きものへの想い

やしまグループでは2つのミッションがあります。
1つ目はきものを通じて日本文化の心と文化を伝えるということ。
2つ目はファッションが好きでおしゃれをしたり、華やかになっていただくことです。
現代日本では晴れの日、式服としてきものを着ることが一番多いですがそれ以上に私服としてもきものを楽しんでいきたい。
きものを着たときのワクワクどきどきを大切にしていきながら式服として、私服としてきものと触れ合う機会をお客さまに提供することがやしまグループのミッションになります。

こだわり

きものへのこだわり

現在きものの産地は減少傾向になっており
我々やしまグループでもこの産地をどう大切にしていくかという点はとても重要になっています。
しかしながら産地だけを考えるのではなく、顧客さまがどういった希望があるのかを意識しながら顧客さまが着たいと思うもの。
コーディネートを大切していきたいと考えています。
デニム生地や洗えるきもの、特に奇抜な柄など顧客さまからの要望があればそれを取り組んでいきようにしていきたいです。
やしまグループでは自社に対してのファンづくりを大切にしており
オンリーワンであり、ナンバーワンを目指していきながら自社でしかできない価値を提供していくために文化を提供していく、ファッションづくりとして
顧客を大切にしていきながら話題性を意識していきたいと考えております。

和装振興への取り組み

和装振興の取り組み

和装振興は結果でありそれ以上に躍進、心踊ることを重要に考えております。
顧客さまへもワクワクしていただく、和装振興というものを届けるために躍進、心踊るキッカケをご提供していきたいと思います。
特に今年はファッションショーを主宰で開催し何百人の方へ思いを伝えることができました。
やはりきものというもの自体への実需は年々薄れてきていますが、やしまグループでは振袖を通したブランディングを目指しております。
振袖選びから成人式までのなかでご両親さま、お嬢様、お祖父様、お祖母様など多くの人へ素晴らしさやワクワクを提供していきながら心踊ること、そして和装振興を喚起することをめざしております。